ソトアソ
NewsニュースEventイベントStaff BlogスタッフブログPlayer's BlogプレイヤーズブログField&PlayソトアソとソトアソビAthlete&Clubサポート選手&クラブOnline Shopオンラインショップ

6月10日(水)発売【ソトアソビ・フェイスマスク販売開始!】

【ソトアソビ・フェイスマスク予約販売開始!】

世界が新型コロナウイルスの脅威にさらされ、いつでもボクたちと共にあった自然の中で過ごすことさえスムーズではない世の中になってしまいました。

でもボクたちは、これからもやっぱり自然に触れて「守り、守られ」生きていきたい….。

「新しい生活様式」になっても、いつでも自然の中に思いっきり飛び込める”ボクたちの素敵なソトアソビ日和”を愉しめる日が戻ってくることを願って「ソトアソビ・フェイスマスク」を制作いたしました。

     

この【ソトアソビ・フェイスマスク】の売上の一部は株式会社ソトアソを通じて、大阪府の新型コロナウイルス感染症の最前線で医療や療養等にあたる医療従事者等の活動を支援するための「大阪府新型コロナウイルス助け合い基金」と、加速する森林破壊と地球温暖化の危機的状況に行動を起こし「都市と森をつなぐ」をキーワードに「森と人がずっとともに生きる社会」を目指す森林保全団体「一般社団法人more trees(モア・トゥリーズ)」に寄付いたします。

・大阪府新型コロナウイルス助け合い基金
http://www.pref.osaka.lg.jp/kenisomu/coronakikin/index.html

・一般社団法人more trees(モア・トゥリーズ)
https://www.more-trees.org/

ーーーーー

■ デザイン
デザインは、山や水辺のソトアソビを独特のタッチで描き、自身もソトアソビをこよなく愛するアウトドアイラストレーターono5s。Sotoasoとも数々のコラボ商品を創り出していただいています。

■ マスク
・吸汗速乾性、伸縮性に優れたスポーツウエア生地を使用した柔らかく肌心地のいい布マスクです。
・速乾性のある素材なので、夜に洗濯すれば朝には乾き、毎日清潔にご使用できます。
・呼吸がしやすく、口周りにやさしくフィットする立体形状。
・マスク内側にポケットがあり、フィルターやティッシュを入れることが出来ます。

■ 平置き実寸サイズ
横幅22cm、高さ16cm、紐の長さ16cm

※ご注意
・この布マスクは医療用途ではなく、ウィルス感染を完全に防ぐものではありません。
・初めてご使用する前には、必ず洗ってからお使いください。
・手洗いで軽くもみ洗いし、室内で陰干ししてください。
・中性洗剤をお使いください。
・使用や洗濯を繰り返すことで劣化する消耗品です。

ーーーーー

Let’sSatoyama(グリーン)
https://shop-sotoaso.jp/?pid=151110677

EnjoyTogether(ベージュ)
https://shop-sotoaso.jp/?pid=151110678

※数量限定品になります。
※同デザインの追加生産は未定です。

The following two tabs change content below.

ジャーマネのノブ

40歳目前で受けた成人後初の健康診断で「君ね、このままやったら早よ死ぬで」とメタボ予備軍を宣告され仕方なく始めたランニングを経て、登山経験ゼロで勘違いしてエントリーしたトレイルランのレースを完走してしまいその魅力にハマる。 当時の勤め先の近くで見つけた異常に狭い階段が入口のトレランショップに通い始め、気付くとスタッフになっていた人生の概ねを流れに任せるタイプ。
 
2022.03.26News

O.B.Sいいもり~4月 春のイベント紹介~

ガッツです! 桜のつぼみも大きくなりいよいよ春本番! 場所によってはちらほら開花してるところも さて春を皆さんに満喫していただきたく いいもり店 4月開催決定のイベントをご紹介します ではいきましょう~~   4/2(土)サタデーナイトフォレストトレイルセッション 夕日が沈むころにいいもり山に登って サンセットや夜景を楽しんでいただけます オールハイクイベントなので初めてナイトを経験される方や ナイトに行ってみた...[続きを読む]

ガッツです! 桜のつぼみも大きくなりいよいよ春本番! 場所によってはちらほら開花してるところも さて春を皆さんに満喫していただきたく いいもり店 4月開催決定のイベントをご紹介...[続きを読む]

ガッツです! 桜のつぼみも大きくなりいよいよ春本番! 場所によってはちらほら開花してるところも さて春...[続きを読む]

 
2022.02.25News

【いざ雪山へ②】レッツ&ガッツのソトアソビ~ランチタイム編~

前回の【いざ雪山へ】~道中編~はこちら 無事、積雪たっぷりの金剛山の山頂へ到着!! 山頂にはライブカメラが設置されているので 短パンブラザーズもしっかり写ってきました笑 季節違いの短パンが二人。。笑 レッツさんはスタートからこの撮影まではずっと生足! ガッツは撮影直前に長ズボンをこっそり脱いでます。。笑 撮影が終わったらランチタイムへ突入! お湯を沸かしていざ準備開始 短パンブラザーズのこの日のメニューは NISHIKI...[続きを読む]

前回の【いざ雪山へ】~道中編~はこちら 無事、積雪たっぷりの金剛山の山頂へ到着!! 山頂にはライブカメラが設置されているので 短パンブラザーズもしっかり写ってきました笑 ...[続きを読む]

前回の【いざ雪山へ】~道中編~はこちら 無事、積雪たっぷりの金剛山の山頂へ到着!! 山頂にはライブカメラが設...[続きを読む]

 
2022.01.12News

枚方ナイト×ORPHE 【スマートシューズ】

末端冷え性、ガッツです! 指先の冷えが特にヒドいのですが この時期は白湯を飲んで身体を温めてます。。笑   さて!そんな寒さを吹き飛ばす 面白い商品の体験イベントが先日あり 定例で開催(毎月第1,3水曜)されている枚方T-SITEナイトランで 【ORPHE スマートシューズ】を初体験させていただきました (シューズ側面のLEDライトが映えますね) 腰につけるポットタイプでの計測は経験あったのですが シューズはもちろん本...[続きを読む]

末端冷え性、ガッツです! 指先の冷えが特にヒドいのですが この時期は白湯を飲んで身体を温めてます。。笑   さて!そんな寒さを吹き飛ばす 面白い商品の体験イベン...[続きを読む]

末端冷え性、ガッツです! 指先の冷えが特にヒドいのですが この時期は白湯を飲んで身体を温めてます。。笑 ...[続きを読む]

Event List

Athlete&Club

 

大杉哲也(おおすぎてつや)

関西のスピードスターとして全国区の知名度を誇るトレイルランナーでありながら、競技だけでないトレイルランの魅力発信に尽力。勝利よりもトレイルを楽しむ姿勢を一番に想い有言実行!交野の里山や飯盛山の生駒山系...

詳しい情報をみる

 

常田めぐみ(ときためぐみ)

小学校教師として働きながら,関西をはじめ全国のトレイルラン大会に出場し入賞多数。昨今は海外のマウンテンレースを主戦場に!! トレランカルチャーの普及にも尽力し、女性向けのトレイルの楽しみ方を提案し活...

詳しい情報をみる

 

蓮田孝則(はすだたかのり)

ロード・トレイルを問わず、ショートレンジからロングレンジまで難なくこなすオールマイティーランナー。トレイルラン初心者への面倒見も素晴らしく「アニキ」と慕われる人望も魅力。毎週火曜日に大阪城でエリートラ...

詳しい情報をみる

 

惠中彩恵(えなかさえ)

もともと山好きで大自然に癒やされるのが好きだったが、気がつくと山を走るように! 厳しいレースでも笑顔を絶やさないスタイルはまさに「自然体」で、参戦するレースでは必ずと言っていいほどリザルトに登場する...

詳しい情報をみる

 

木村直正(きむらなおまさ)

大きい小さい関係なく、どんなレースでも全力を出し切ることを愉しんでいるナイスガイ! 休日はアルプスを目指し、夜行バスに乗ってどこまでも…。その真剣に山に向き合う姿勢と努力で、すごい勢いで進化を遂げて...

詳しい情報をみる

 

秋山穂乃果(あきやまほのか)

もともと山好きだった母に連れられ、社会人になってから長野県の涸沢岳に登ったのがきっかけで山の虜に!そのあと、山を走るトレイルランニングを知り、色んな大会に出てみたいが、右も左も分からない状態だったので...

詳しい情報をみる

SOTOASO CHANNEL

The following two tabs change content below.

ジャーマネのノブ

40歳目前で受けた成人後初の健康診断で「君ね、このままやったら早よ死ぬで」とメタボ予備軍を宣告され仕方なく始めたランニングを経て、登山経験ゼロで勘違いしてエントリーしたトレイルランのレースを完走してしまいその魅力にハマる。 当時の勤め先の近くで見つけた異常に狭い階段が入口のトレランショップに通い始め、気付くとスタッフになっていた人生の概ねを流れに任せるタイプ。
もっと見る

 

火曜日練習会
伊賀トレイルランナーズクラブ
The following two tabs change content below.

ジャーマネのノブ

40歳目前で受けた成人後初の健康診断で「君ね、このままやったら早よ死ぬで」とメタボ予備軍を宣告され仕方なく始めたランニングを経て、登山経験ゼロで勘違いしてエントリーしたトレイルランのレースを完走してしまいその魅力にハマる。 当時の勤め先の近くで見つけた異常に狭い階段が入口のトレランショップに通い始め、気付くとスタッフになっていた人生の概ねを流れに任せるタイプ。

Popularity

Popularity Tag

ページ先頭へ