トレランイベント開催中♪ イベントページ

アラスカ・プルドーベイからカナダ・バンクーバーへ!~いいのわたるTrans Atlas Runningサポート日記~ vol.09


他の記事はこちら♪


目次

車のトラブル再発…。トラブル時に出会った自転車で世界を旅する男性

リチャードさんの家を後にし、ベル2という場所でガソリンを入れた時のことでした。

エンジンが…かから…ない…。

前にもこんなことがありましたが、スターリンクなどの使用は控えていたので、バッテリーじゃないような…。

お店の人にいいのさんが話をすると、そこのスタッフがすぐに駆けつけてくれ、エンジンを見てくれました。

バッテリーも確認してもらいましたが、バッテリーはしっかり溜まっていたので、やっぱりバッテリーが原因ではなさそう…。結局問題が分からず、15分後にもう一度エンジンをかけてみてくれとのことでした。とても心配です…。

そして、大体15分外で待っている時に、こんにちは〜と日本語が聞こえ、振り向くと自転車に乗った日本人男性が!

武藤大輔さんで、自転車で世界中を旅しているみたいです。いいのさんと同じでゴール地点はアルゼンチンで、そこからユーラシア、アフリカなど世界を7年かけて周るみたいです!

さまざまな観光地を周り、現地でできるアクティビティ楽しみながら旅をしているそうな!
旅にも本当に色々な目的があり、その形は本当に様々だなぁと話を聞いていました。

ぜひこの先も安全に旅を楽しんでもらいたいです!

彼の世界旅のURLもあるので、ぜひこちらでもご紹介させてください!

ーリンクー
https://cycle-earth.com

そんなこんなしているうちに15分経っており、エンジンをつけると音は変でしたが、なんとかかかり、動きました…。

とりあえず次通る街に日本でいうタイヤ館みたいなお店があるみたいなので、そこへすぐに持っていこうと思います(汗)

そして、だいすけさんともお互い頑張りましょう!と健闘を祈り合い、先に進みました。

キャシーハイウェイ終点地、キットワンガへ到着

いやー、600km越えのハイウェイ、長いようで一瞬だったかのような感覚です。リチャードさんを始め、この道のりでも多くの出会いがあり、僕にとってもこの先思い出深い場所となりました。

そして、ついにキットワンガへ到着!!!

… 。

何もない… 。

看板にしっかり記されていたのに、何もない!(笑)

スーパーとキャンプサイトとガスステーションしかない!!笑

ということで、唯一と言っていいフォトスポット、住宅街の中から急に現れたトーテムポールで写真を撮りすぐにここを後にしました(笑)

トーテムポールは大きく迫力がありました!(途中で作成を断念したのか中途半端なものも何本かありました(笑))

20日ぶりの都会、スミザーズへ到着

キットワンガを後にし、プリンスジョージまで東へ移動します。

ニューヘイゼルトンの小さな街を越え、スミザーズが見えてきました!!!

ニューヘーゼルトンで出会ったスイスから来ていたご家族

おぉ、信号がある…。マクドもsubwayも、なんならセブンイレブンもあり、20日ぶりの都会で心が躍りました。

この町も綺麗な街で、メインストリートは様々なお店が立ち並んでおり、どれも外観がおしゃれでした。

明日の休息日に少し街をぶらつきたいと思います!
そして、2日間泊まらせてもらう宿の下がなんとクラフトビールの醸造所らしく!
そちらも少し覗いてこようと思います(笑)

続く

番外編:大型トラックを運転していたインドの方との出会い

ある場所で野宿をしている時に、大きなトラックから男性が1人降りてきて、話しかけてきました。

少し話をしているとトラックの中を見せてくれるということで、早速中を見せてもらうことに!
二段ベッドが中にあり、電子レンジ、冷蔵庫なども搭載されており、暮らしやすそうな空間が広がっていました。

彼らはインド出身で、バンクーバーに住んでいるようです。そして仕事でこのトラックを運転しているようです。

バンクーバーからアラスカまで行き、アラスカでサーモンをトラックに積みまたこっちに戻ってくるようです…。果てしない距離の運転を1人30時間交代で回しているみたいで、ご飯を食べる時以外はほぼノンストップで運転し続けるらしいです!

中で晩ご飯のカレーを作っており、食欲そそる香りが車内で充満していました(笑)

最後にバナナとリンゴをいただき別れました!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

webスタッフとして、平日は毎日パソコンとにらめっこをしている。
大学時代はスカイランニングでバチバチしていたが今は "自称" 休養中。
いいのわたるさんのTrans Atras Runningの北米縦断のサポートでアラスカ、カナダへ行き、そのままUTMBのサポートへ。激動の2023年でした。
2024年は海外の面白いレースなど参戦したいと思っている今日この頃。

目次